フェラーリ・BMW・ベンツ・ポルシェ等の輸入車、欧州車、国産車、新車、中古車販売 東京都足立区 エリア47

GIVE THE BEST CAR LIFE エリア47 会社概要 お見積もり・お問い合わせ リンク
Home ホーム New Car 新車リスト Used Car 中古車リスト Maintenance 整備・修理・カスタム Buying Up 買取査定 Trade Law 特定商取引法 Best Cars 名車館
新車リスト

筑波号(1935・日本)

筑波号(1935・日本)

筑波号(1935・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国産初の前輪駆動車は、オートレースで活躍した川真田和汪氏が1931年に製作した「ローランド号」といわれている。その改良発展型である「筑波号」は、1935年から3年間、東京自動車製造(株)により、3車種(セダン、幌型、トラック)がおよそ130台生産された。なお、車名は関東の筑波山に由来している。

トヨダ AA型乗用車(1936・日本)

トヨダ AA型乗用車(1936・日本)

トヨダ AA型乗用車(1936・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1936年、トヨタ自動車初の生産型乗用車として誕生。当時流行のストリームラインをいち早く取り入れ、理想的な前輪荷重やすぐれた乗り心地を実現したことはきわめて先進的であり、海外とくらべても一歩先を行くものであった。また、生産合理化を進め、自社の技術開発に努めて完成させたことは、歴史的にも大いに注目できるし、当時の自動車生産にも大きな自信を植えつけることになったのだった。

トヨタAB型フェートン(1936・日本)

トヨタAB型フェートン(1936・日本)

トヨタAB型フェートン(1936・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AA型乗用車をフェートン形式(幌型)にしたモデルで、そのほとんどは陸軍に納められ、一般の手にはあまり渡らなかった。AA型とはフロントウィンドウから後ろが全く異なり、リアドアはAA型より後ろ寄りに位置している。このタイプは1936年から1938年までのあいだに353台が生産され、発売当初の価格はAA型より50円安い3,300円であった。

ダットサン 16型セダン(1937・日本)

ダットサン 16型セダン(1937・日本)

ダットサン 16型セダン(1937・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダットサンは1932年に誕生してから50年以上日産の一ブランドとして親しまれていた。1932年に登場した"ダットサン"という名前の小型車は、2年後から国内初のバルトコンベアラインで量産され始めた。1932年にわずか150台だった生産は、ピーク時の1937年には8,000台を越え、生産自粛に追い込まれるまでに、トラックと合わせて36,000台余りが生産されてベストセラーとなった。この16型は1937年に登場し、当時の価格は2,100円であった。

ニッサン 70型フェートン(1938・日本)

ニッサン 70型フェートン(1938・日本)

ニッサン 70型フェートン(1938・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国産自動車工業の庇護・育成を意図して1938年に公布された自動車製造事業法のもとに、日産自動車は、米国グラハム・ページ社から大型乗用車の設計と生産設備一式を導入し、ニッサン70型として1937年から製造・販売した。最初はセダンのみだったが、後からこの幌型も作られ、両方で約5,500台がつくられた。

トヨタAC型乗用車(1943・日本)

トヨタAC型乗用車(1943・日本)

トヨタAC型乗用車(1943・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1938年に早くもAA型に続く新型車の設計がスタート。陸軍の要望も含めてAC型として落ちつき、1943年3月から生産に入った。基本的にはAA型と変わらないが、グリルやフロントウィンドウを変更した。乗用車製造禁止の'44年2月までと、戦後初の外国貿易代表団の足として組み立てられた50台を含めても生産台数は115台にすぎないが、戦後初の国産乗用車である。

トヨペット SA型乗用車(1951・日本)

トヨペット SA型乗用車(1951・日本)

トヨペット SA型乗用車(1951・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小型車分野への進出構想からトヨタ自動車も1647年、1リッタークラスの小型乗用車SA型を送り出した。流体力学を応用したスタイルもさることながらバックボーンフレーム構造や4輪独立懸架など斬新なメカニズムを多く採り入れ、2ドアを標準としたオーナードライバー向けである。また、発売するに当たり一般公募で決定した「トヨペット」の愛称は、1949年に商標登録されて以来、多くの人々に親しまれて現在に至る。

トヨペット スーパーRHN型(1953・日本)

トヨペット スーパーRHN型(1953・日本)

トヨペット スーパーRHN型(1953・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1953年、それまで1,000ccであった小型車規格が1,500ccまでに引き上げられたのに合わせて発表されたのがトヨペットスーパーである。1,000ccのS型エンジンから20HPもパワーアップが図られ、性能は格段に向上し、おもにタクシーとして活用された。ボディスタイルは新三菱重工でつくられたこのRHN型のほかに関東自動車工業製のRHK型も存在。トヨタの主力モデルとなったのである。

いすゞ ヒルマンミンクス(1953・日本)

いすゞ ヒルマンミンクス(1953・日本)

いすゞ ヒルマンミンクス(1953・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦前はウーズレーと提携していたことでもわかるように、いすゞ自動車は古くから海外の技術やセンスをうまく取り入れたパイオニアであった。そして戦後、そのパートナーにイギリスのルーツグループを選んだいすゞは1953年からヒルマンミンクスの生産に入ることになる。まだ黒っぽい自動車が多かったわが国でモデルチェンジした車両は、2トーンに塗り分けられ、自動車工業へ新風を吹き込んだのである。

トヨペット クラウンRS型(1955・日本)

トヨペット クラウンRS型(1955・日本)

トヨペット クラウンRS型(1955・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海外と技術提携が盛んに行なわれるなかで、トヨタは純国産方式を押し通し、1955年トヨペットクラウンRS型を発表。当初から自家用車として設計されたRS型は、あらゆる意味において国産車のモータリゼーションの出発点であった。そしてわが国の自動車業界へも大きな自信を与えたのである。デザインは当時のわが国の実状に適応した巧みなもので、乗り心地や耐久性など、すべてがバランスされた純国産車として話題を集めた。

トヨペット クラウンRSD型(1955・日本)

トヨペット クラウンRSD型(1955・日本)

トヨペット クラウンRSD型(1955・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
RS型クラウンをベースにラジオ、温水ヒーター、電気式時計、ティンテッドウィンドウ、ホワイトウォールタイヤ、フォグランプなど豪華装備を加え、オーナーカーとしたモデルがRSD型である。わが国の人々が一般的に持っていた高級車に対するイメージをものの見事に実現したことは、ひとつの社会現象を生み出し、世を挙げてデラックス化の時代へ突入させることになったのである。

トヨペット マスターRR型(1955・日本)

トヨペット マスターRR型(1955・日本)

トヨペット マスターRR型(1955・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
RS型クラウンと同時に発売されたマスターは、RH型スーパーの発展型としてスタイルを一新、シャシーも改良された。性能はRS型とほとんど同じであったが、営業車向けであることから前輪懸架は固定車輪とされ、耐久性を向上させたほか、広めの客室を確保。限られたスペースのなかで合理的なデザインを特徴としていた。その後、RS型が営業車としても認められたことから1956年11月に姿を消したが、以後、これをベースとした商用車マスターラインが生産に移された。

フライングフェザー(1955・日本)

フライングフェザー(1955・日本)

フライングフェザー(1955・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その名のとおりの超軽量車で「最も経済的なクルマを」という設計者、富谷龍一氏の思想を具体化して住江製作所が1954年に発表。きわめて合理的なスタイリングや必要最小限のメカニズムを持ち、機能的なトランスポーターとして、野心作ではあったが、残念ながら1955年に200台足らずつくられたのみに終わった。おそらく、徹底した合理主義が、当時の人々にはまだ理解されなかったのであろう。

フジキャビン 5A型(1955・日本)

フジキャビン 5A型(1955・日本)

フジキャビン 5A型(1955・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フライングフェザーと同じ設計者により、富士自動車(当時、日産自動車系のエンジンメーカー)は当時としては画期的なFRPのフルモノコック構造の3輪キャビンスクーターを送り出した。空冷単気筒2サイクルエンジンを備えたボディは、わずか130kgで最高速度は時速60km。限られたスペースを生かした室内や空力的なボディデザインなど革命的な試みではあったが、FRPの製作技術がこれに伴わず、わずか85台製作されただけであった。

ダットサン 112型(1956・日本)

ダットサン 112型(1956・日本)

ダットサン 112型(1956・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英国オースチン車の国産化によって海外の先進技術を吸収しつつあった日産自動車(株)が1955年に発表した110型車は、戦前から発展しつづけたオールド・ダットサンの完成に達したモデルと言える。112型車はそのマイナーチェンジモデルである。斬新なデザイン、操縦性、居住性等の設計技術が評価され、第2回「毎日産業デザイン賞(1956年)」を受賞した。

トヨペット コロナ(1957・日本)

トヨペット コロナ(1957・日本)

トヨペット コロナ(1957・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すでにクラウンでは成功をおさめていたトヨタも、1954年タクシー業界からの要請もあって小型車の開発を迫られた。その頃、国民車構想からパプリカ(UP10型)の計画は進められていたが、膨張した小型車市場に対して、急きょ発売したのが初代コロナST10型である。

スズライトSL型(1957・日本)

スズライトSL型(1957・日本)

スズライトSL型(1957・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スズライトは、メーカーベースでつくられた本格的な軽自動車のパイオニアであった。小型乗用車と変わらない装備を持ち、これを開発するに当たって参考としたドイツの小型車ロイトが2ストロークエンジンと前輪駆動方式であったことと商用車にした場合の荷室確保を考えて、スズライトも他社に先がけてFF方式を採用。このSL型はリアに大きなドアを持った商用ライトバンで小型ながらも充分なスペースを確保してある。

スバル 360K111型(1958・日本)

スバル 360K111型(1958・日本)

スバル 360K111型(1958・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もともと航空機メーカーであった中島飛行機の技術が生かされたスバル360は、わが国初期の軽自動車としてもっとも成功した一台であろう。モノコック構造のボディと、トーションバーによるサスペンションは軽自動車とは思えない広い室内スオエースを持ち、快適な乗り心地を実現していたのである。発売当初の価格は42.5万円、これをのぞけば国民車構想の条件を満たすものとして、絶大な人気を博したのである。

トヨペット クラウンRS-L型(1958・日本)

トヨペット クラウンRS-L型(1958・日本)

トヨペット クラウンRS-L型(1958・日本)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高級化が頂点に達した大型車に代わって、経済的な小型車に目が向けられはじめた米国市場への進出を1957年3月に決定。10月にはトヨタ自工とトヨタ自販の共同出資による現地法人米国トヨタを設立してクラウンを送り込んだ。実際にはパワー不足や高速での操安性などが指摘され、1960年12月には主力をランドクルーザーに移したが、輸出トヨタ車の第一歩だったのである。このRS-L型は、ごく初期に輸出された数少ない1台である。

▲トップへ